membrane2000

「題未定」

2000年:第15回メンブレインデザインコンペ出品:淺田真理と共働
2004年:Yomiuri Weekly2004.4.4号 「詩の薬箱」〜中島みゆき「ショウ・タイム」のアートワークとして掲載されました。

都会の空気で分散吸収された星群のひかりを
かつて澄んだ大気を通して観えていたはずの
自然のレベルまで増幅し眼に伝えるための膜

人々は壁の狭間より空を観上げそこに原初のひかりをみる。
夜の街路でひとは
歴史のなか何万年も繰り返し続けてきた「星を見る」行為によって
宇宙の中の自身の位置を確かめ 知覚と感覚を浄い上げて
ヒト自らに立ち還る。

TOP->>